妊娠後期に顕著になる恥骨痛

MENU

妊娠後期に顕著になる恥骨痛

 

 

妊娠後期になってくると、恥骨痛に悩む女性が多くなります。
私も経験したのですが、やっぱり、お腹が圧迫されて、骨盤や恥骨痛が激しくなってきます。
身体の変化が著しいので、やっぱり体が悲鳴を上げているように感じました。
恥骨痛は、すごく気になる痛みで、最初は「何だろう?」って思いました。
妊娠後期になるまでは恥骨痛の症状は出ませんでしたし。
何かすごく悪い病気にでもなったのかなって思ってしまいました。
でも、産婦人科で相談したら、「あるある!
それは恥骨痛だね」ってあっさり。
看護師さんからすると、やっぱり恥骨痛を訴えてくる妊婦さんなんてよくある話なんですね。
結局、「我慢するしかない」という結論に至り、ひたすら妊娠後期は我慢しました。
陣痛も確かに痛くて嫌だったけど、私は妊娠後期の地味な恥骨痛も嫌でした。
産後はウソのように、恥骨痛がなくなり、すごく快適になりました!
やっぱり妊娠中って、それだけ体に負担がかかっているってことなんでしょうね。
子供がいなくなった後は、やっぱり体が軽くて、すごく楽になりました。
寂しい気持ちありますが、やっぱり自分一人の体の方が良いなって思いました。
恥骨痛は産後に自然に治ったのでほっとしました。